通りやすい自動車ローンはここ! 

通りやすい自動車ローンはここ!

通りやすい自動車ローン一覧

車を購入した時に自動車のクレジット(ローン)を組むなら、こちらで紹介している銀行のカードローンをお勧めします。ディーラーで取り扱っているクレジット会社ですと、信販会社ですので審査が厳しく通りにくい事や、金利も他のクレジット会社に比べて高いです。ディーラーで車の見積もりをしてもらい、購入を決め、いざクレジットでお金を借りる時にもし審査が通らなかったら恥ずかしい思いをします。先に銀行のカードローンに申し込んでおけば、お金の計算もしやすくスムーズにお取引ができます。

審査通りやすい自動車ローンとは

自動車免許を持っている人は、一度は自分の車を持ちたいと思ったことがあるのではないでしょうか。しかし、車はかなり高額なのでローンを組む人が多いと思います。自動車ローンを組む際に、審査の通りやすい自動車ローンはあるのでしょうか。自動車ローンについて調査しました。

審査の通りやすい自動車ローンはあるのか

自動車ローンを利用する際に、業者ごとに審査の違いはあるのでしょうか。あるとすると、どの自動車ローンが審査を通りやすいのでしょうか。

自動車ローンはどこで扱っているの?

自動車ローンは文字通り、自動車を購入する際に利用できるローンになります。マイカーローンやオートローンと呼ばれるものも、自動車ローンと同じものです。自動車ローンを扱っているのは、・銀行・ディーラー・損害保険会社などです。ディーラーはほとんどが信販会社やクレジット会社と提携しているので、ディーラーでローンを組む際は信販会社やクレジット会社からお金を借りることになります。

自動車ローンの審査基準は?

自動車ローンを利用する際にはもちろん審査があります。審査基準は次のようになります。

☆年齢
未成年者は単独で契約が出来ないことから20歳未満は原則不可です。しかし連帯保証人を付けた場合や既婚者の場合は可となることもあります。
また完済時の年齢が65歳までと設定されていることが多いです。

☆年収
年収200万円以上なければ審査に通るのは難しいと言われています。また購入する車の金額が年収の50%以下でなければ融資を受けることは難しいです。

☆雇用形態
一番審査が通りやすいのは公務員です。その次に正社員、契約社員、派遣社員、パートやアルバイトの順に審査が通りやすいです。

☆居住形態
賃貸よりも持家で居住年数が高いほど審査が有利です。

☆他に借り入れはないか
数社の消費者金融などから借り入れをしていた場合や年間の返済額の合計が年収の3分の1を超える場合は審査が通るのが難しいです。

具体的にいうと、4社以上からの借入れ、年間の返済額は契約する自動車ローンだけでなく、カードローンや教育ローンなど自分が支払う全ての返済が含まれます。

住宅ローンの返済があった場合も年間の返済額の合計に入れますが、住宅ローンは担保もしっかりしていることから、年間の返済額さえクリアできれば利用していても自動車ローンの審査には影響ないと言われています。

☆信用情報
今までに、自己破産などの債務整理をしたことがある場合や、支払いの延滞が3回以上、2~3ヶ月の長期の延滞があった場合は審査にはほとんど通りません。

どの自動車ローンが一番審査を通りやすいか

車を購入した時にディーラーで組むディーラーローンが一番審査を通りやすいです。ディーラーは信販会社と提携しているため、ローンを契約するごとに利息の一部を手数料としてもらっています。

そのため、お客様がローンを組むとディーラーの利益にもなるので、審査が通りにくい人でも車の値引きをしてくれたり、下取り価格をあげたりと審査が通りやすくなるように努力してくれます。

ディーラーローンでは、安定した収入があり信用情報に問題がなければ、ほとんどがローンの審査を通過することができます。

審査の通りやすい自動車ローンのメリット

一番審査が通りやすい自動車ローンはディーラーローンです。審査が通りやすだけでもメリットを感じますが、他にどのようなメリットがあるのでしょうか。

面倒くさくない

ディーラーに車を購入した時に一緒に自動車ローンの手続きをすることができます。申込書類の用意や書き方はもちろんのこと、信販会社との交渉などもディーラーの方がやってくれるので面倒なことはなく、書類を書くくらいで手続きが終わってしまいます。

審査が早い

ディーラーローンの場合は、お店に行って申し込めば、早ければ30分~1時間くらいで審査結果を知ることができます。その日のうちに結果がわかるだけでも便利に思いますが、1時間程度で結果が出てしまうのは驚きです。

銀行で自動車ローンを利用した場合は、審査に3営業日~2週間程度はかかるのが一般的なので、銀行と比べてみてもかなり早いことがわかります。

土日祝でも対応している

車のディーラーは平日よりも土日祝の方が来客は多いので、土日祝日は営業をしています。そのため、土日祝でもローンの審査を受けることができますし、契約まですることができます。平日は仕事などで忙しい人にもとても便利だと思います。

審査の通りやすい自動車ローンのデメリット

審査の通りやすい自動車ローンのメリットはたくさんあり、とても魅力的に感じましたが、反対にデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

金利が高い

自動車ローンだけに言えることではありませんが、審査が甘い自動車ローンは金利が高い商品が多いです。「審査が通りやすい=金利が高い」と思っていて間違いはありません。また、保証料として数%を金利に上乗せするローンもあるので契約の際には注意するようにしてください。

返済期間が短い

ディーラーの返済期間は、最長で60回払いまでとしているものがほとんどです。
60回払い=5年ということになります。銀行の自動車ローンは8年以上の返済期間を設定していることが多いことから、ディーラーの方がかなり期間は短く、期間が短いために月々の返済額も大きくなってしまいます。

諸費用は現金払い

自動車を購入した際は、自動車税や重量税などの税金や自賠責保険、車庫証明の手数料など車両価格以外にもいろいろと費用が掛かります。銀行の自動車ローンを利用する場合は、これらの費用込みで借り入れることができますが、ディーラーでは、現金払いするのが原則です。

諸費用の合計はだいたいが車体価格の10%~15%くらいなので、100万円の車を買った場合の諸費用は10万円くらいということになります。現金が用意できない場合は、諸費用の一部だけの支払でよくなったり、下取り代金をあててくれたりと交渉できるので、ディーラーの担当者に相談してみてください。

所有権

ディーラーローンと他の自動車ローンとの違いは、所有権があるかないかでしょう。ディーラーローンは完済するまで、車の所有権は自分ではなくディーラーか信販会社が持ちます。

普通に車を乗っているときは、所有権があるかないかは対して問題になりませんが、車を売りたくなった時に所有権がないので勝手に売ることが出来ません。どうしても車を売る場合は、残っているローンを一括で返済しなくてはいけません。実は、ローンが通りやすい理由の一つに、車の所有権がディーラーもしくは信販会社だからというのがあります。

土日祝でもお金を借りたい時の審査の通りやすい自動車ローン

平日に働いている人は、会社がお休みの土日や祝日に車を買いに行く人が多いと思います。しかし、金融機関も土日祝を休日としている場合が多いです。土日祝でも審査が通りやすい自動車ローンはあるのでしょうか。

ディーラーローン

前にも書きましたが、ディーラーは土日祝営業しているので、ディーラーが扱っているローンなら土日祝でも審査をしてもらえます。しかも、審査結果が出るのは30分~1時間くらいととてもスピーディーです。銀行で自動車ローンを利用しようとすると、早くても3営業日くらい、遅いと審査結果が出るまでに2週間以上かかる場合もあるので、それに比べるととても速いです。しかし、ディーラーローンでも時間や審査状況によっては即日に審査結果が出ない場合もあるので注意してください。

損害保険会社

損害保険会社でも自動車ローンを組むことができ、中でも損保ジャパン日本興亜のマイカーローンは土日祝でも即日審査が可能です。審査の営業時間は平日・土日祝ともに午前9時~午後5時(年末年始を除く)で12時間以内にメールで審査結果が回答されます。ディーラーローンと比べてしまうと、10時間以上時間がかかり審査も甘いとは言えませんが、即日対応している業者が少ないので、急いでいる人にはとても便利な商品です。

損保ジャパン日本興亜マイカーローン

●融資金額:20万円~999万円
●金利:20万円~500万円 年2.40%~2.85%
501万円~999万円 年1.99%~2.85%
●融資期間:6ヶ月~84ヶ月
●特徴:インターネット申込み、来店不要
保証料・事務手数料不要
審査は最短即日回答(12時間以内)

銀行

残念ながら、銀行の自動車ローンは土日祝の審査は行っていません。
しかし、事前に審査が通っていた場合は、申し込みの手続きを土日祝でも行っている銀行もあります銀行によって営業時間が違うので、利用する場合は事前に調べるようにしてください。

夜中でもお金を借りたい時の審査の通りやすい自動車ローン

土日祝に営業しているディーラーでも夜中までは営業していません。夜中でも審査が通る自動車ローンはあるのでしょうか。

夜中でも審査をしている自動車ローンはあるのか?

土日祝の昼間は審査をしている自動車ローンはありますが、夜中まで審査を行っている自動車ローンは残念ながらありません。

しかし、ディーラーローンは自動車購入時にそのままローンを組むことになるので、夜中にお金を借りることはないと思いますが、銀行や損害保険会社で自動車ローンを利用した場合は、車を買う前にお金を自分の口座へ振り込んでもらっていれば、ATMでお金を引き出すことができます。

カードローンやクレジットカードを利用

自動車ローンをまだ組んではいないけれども、どうしてもお金が必要になった場合は、審査が通りやすいとは一概には言えませんが、消費者金融や銀行のカードローン、クレジットカードのキャッシングを利用することができます。

カードローンならば、新生銀行のレイクは無人契約機が夜の12時まで営業しているので(曜日によって違います)、営業時間内に審査が終わるならば夜でも審査を通すことができます。また元からカードローンやクレジットカードのキャッシング枠を持っていた場合は、24時間借り入れすることが可能です。

しかし、車の購入代金は高額になることが多いので初めてカードローンを利用する人は車の代金全額分を融資してもらうのは難しいでしょう。キャッシング枠を利用する場合も同じです。また、カードローンやクレジットカードのキャッシングで借入すると、のちのち自動車ローンを利用する際に不利になる可能性があるので注意してください。

おすすめの審査の通りやすい自動車ローンいろいろ

審査の通りやすい自動車ローンは具体的にはどのような自動車ローンなのでしょうか。

ディーラーローン

ディーラーローンは自動車ローンの中で一番審査が通りやすいですが、その中でも車種によって特別金利を設定している場合があります。例えば、日産は100%電気自動車のリーフを購入する場合には特別金利を設定しています。金利は年0.1%と驚くほど低くなっています。メーカーごとに特別金利を設定している場合が多いので、どの車に設定されているか確認するのもいいでしょう。

オリコ

オリコの自動車ローンは、販売店などの提携先が多く業界トップシェアを誇っています。審査も他社と比べると通りやすいと言われていて、延滞などの金融事故がなければ、正社員で働いていて年収が300万円以上あれば、ほぼ審査が通ると言われています。

アプラス

アプラスは新生銀行グループのファイナンス会社が扱っている自動車ローンです。金利は年7.2%~14.4%と少し高めに設定されています。そのため、審査は緩めになっているようです。勤続年数に問題なく(1年以上できれば3年以上)年収が300万円以上あれば審査は通ります。

イマイチな審査の通りやすい自動車ローン

自動車ローンには、いろいろな種類がありますが、あまりおすすめできないイマイチな自動車ローンはあるのでしょうか。

固定金利・変動金利

自動車ローンには固定金利と変動金利が選べる商品があります。固定金利はずっと同じ金利なので返済計画が立てやすいですが、変動金利と比べると金利が高めに設定されています。

一方、変動金利は金利が低めに設定されています。しかし決められた時期に金利の見直しがあるので、利率が思ったよりも高くなってしまうこともあります。金利の見直しのタイミングは、金融機関ごとに違いますが1年に1回、半年に1回、毎月などになっています。

一概にどちらがいいとは言えませんが、返済期間が短い時は変動を、長い時は固定を選択するのがいいでしょう。どちらかを選ぶことができるのはメリットではありますが、自分に合わない方を選んでしまうと、損をした気分になってしまいそうです。

残価設定ローン

数年後の車に残る価値(残価)を考えて、購入金額からその残価を引いてローンを組む方法が「残価設定ローン」になります。

例えば、100万円の車が3年後45万円だとしたら

100万円-45万円=55万円

この55万円を3年間で支払っていくのが「残価設定ローン」になります。

支払金額が低くなるのがメリットです。3年後に・新車に換える・販売店に車を返却する・車を購入する(残りの代金を支払う)ことになります。

走行距離が多い人や事故で車を傷つけてしまった人は、設定していた価値よりも低くなってしまうため追加料金が発生し、引き取ってもらえなくなる場合もあります。また、マフラーを換える、バンパーを換えるなど車をいじった時は、元に戻さなくてはいけません。残価設定ローンをすすめられることがありますが、良く考えて契約した方がいいでしょう。

審査が通りやすい自動車ローンがおすすめの方

審査が通りやすいに越したことはありませんが、審査よりも金利の方を重視する人も多いと思います審査が通りやすい自動車ローンを利用するのがおすすめの方はどういう人なのでしょうか。

審査に不安がある人

審査に通る自信があれば、銀行系の自動車ローンを利用した方が金利は低く、返済期間も長く設定されているので月々の返済額も減ります。審査に自信がない方は、ディーラーローンなら販売員が少し融通を利かせてくれることもあるのでおすすめです。

時間があまりない人

審査が通りやすいのはディーラーローンになりますが、新車購入時にそのままローンを契約することになるので、時間の短縮になります。また、ローン会社とのやりとりなど面倒なことは全て販売店がやってくれるので、平日に時間が取れない人や、面倒くさがりの人はディーラーローンをおすすめします。

特別金利が設定されている車が欲しい人

車種ごとに普通の金利よりも低い金利が設定されている「特別金利」があるメーカーが多いです。欲しい車に特別金利が設定されていた場合はディーラーローンを利用した方が低金利で審査も通りやすいのでおすすめです。

まとめ

ガソリンが高騰した時は車を手放す人が増えましたが、車があれば公共の乗り物で行くには不便な場所にも行くことができますし、子供がいる家庭では移動するのには、やはり便利です。

ディーラーで自動車ローンを組むのが一番審査は通りやすく簡単に手続きを済ませることができますが、銀行の自動車ローンと比べると一般的に金利が高く設定されています。金利の違いで支払総額にかなり差が出てくるので、審査だけでなく金利などもよく見て自動車ローンを選ぶことが大切です。

自動車ローンの審査に通るか不安な人は、

●頭金を多めに入れる
●保証人を付ける
●車両価格を低いものを選ぶ

などで審査が通りやすくなります。
審査に何度か落ちると、その後半年間は審査が通りにくくなるので、審査してもらう前によく考えて自動車ローンを選ぶようにしてください。


5万円から10万円くらいの金額が通りやすい自動車ローン
通りやすい自動車ローンはネットを使えば何もかも完了
銀行による通りやすい自動車ローンサービス
通りやすい自動車ローン会社でお願いした方
信頼できる即日通りやすい自動車ローン業者